スポンサードリンク
Top 独自メディアの展開 >独自メディアの意義(6)|グローバル人材になる
2008年11月25日

独自メディアの意義(6)|グローバル人材になる

 
Do you do you?


独自メディアを開設、運営することによって、自らをグローバル人材に仕立て上げるとか、
グローバル人材に鍛え上げるとか言ってきましたが、
これは、メディア・ポリスとしての私個人の危機感から出た言葉であって、
読者まで悲壮感を持っていただく必要はありません。

ただ、経済のグローバル化に伴う競争は日に日に激しさを増すばかり。
いずれ、わが国民生活にもその影響は必至だと思われます。

個人のグローバル化とは、必ずしも英語が出来るとか、外国語を操れるとかいうのではなく、
英語国民をはじめ、諸国民の世界に対するモノの感じ方、考え方を知り、
自分の言葉でする表現がどれだけ諸国民に伝わるか?という問題なのです。


はじめは、日常の喜怒哀楽を赤裸々に綴るタダの日記だとしても、それが人に伝わる。
つまり、共感者が得られるほどに、あなたのブログは世界とつながるわけです。
より普遍性を帯びてくる。タダモノではなくなってくるのです。

いまや、道具としての日本語なら、日本人以上に使える外国人はいくらでもいる。
英語や諸言語を使えたにこしたコトはありませんが、必ずしも必要不可欠というわけでもありません。
要は、世界に対して表現できたかどうか?メッセージを残せたかどうか?ということです。

日本人としての誇りを失わない、日本流の表現力を取り戻す作業なのです。

いずれにしろ、媒体がブログであれ、メルマガであれ、記事投稿を重ねずに、
表現する悦びもご自分の成長も味わうコトはできません。

私も、このメタ・メディアを始めて、はや八ヶ月。自分のためにもよかったと思っています。
ウィスキーの瓶を、まだ半分も残したままパソコン画面に投げつけたり、
年甲斐もなく、癇癪を起こしたりはしなくなりました。読者の温情の賜物だと感謝しています。

グローバル人材になる


 
独自メディアの意義、第六弾でした。


posted by ボビー at 12:11 | Comment(0) | 独自メディアの展開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。