スポンサードリンク
Top ネットビジネス覚書 >デジタル・ストレスを減らす|独自メディアの展開(2)
2009年01月21日

デジタル・ストレスを減らす|独自メディアの展開(2)

 
ア モレ ヌ メ ヲ

 ”この日、私たちが集まったのは、不安ではなく、希望を選んだためで、争いの代わりに団結を選んだからです”

 
ボビーです。


 (おめぇ、いつ大統領になったんだっ? えぇっ!)

 「くふふ」


『19』の解説、続けます。

 2.人脈を作れば儲かる。

  「誰と知り合って、どうしてもらったら自分が儲かるのか。」

  「さらに、人脈作れば儲かるという話がちゃっかりビジネスに使われているという事実も見逃してはなりません。」

  「そして、そこで名刺交換した人のほとんどは、まったく役に立たないですから。」


  「普段の生活すべてが人脈だ。」と言っているのです。

  独自メディアは、多かれ少なかれ、自分の生活改善、生活向上のあしあとなのですから。


 3.メルマガを発行し、1万部以上のメルマガを作れば儲かる。

  「でも実際は、1万部のメルマガを持っているのに稼げない人がほとんどです。」

  「そんなくだらないメルマガのせいで、あなたが勝負しようとしているフィールドが、
 まわりから胡散臭い目で見られているんです。」

  「結局、「まぐまぐ!」や独自配信スタンドといった「外的なもの」に依存したビジネスモデルは、
 今後の規制強化次第では、ある日 突然収入がなくなってしまう可能性が高いということです。」

  「やっぱ、無理は、よくないわけですよ。」

  「「メルマガ1万部」は、外的なものに大きく依存して、しかも効率が悪い、
 きわめて危険な神話だということがおわかりいただけたでしょうか。」


現実に、昨年12月1日に特定電子メール法(改正)が施行されました。特に稼ぐ系の情報商材などの
アフィリエイトをされようとしている方はお気をつけ下さい。
いかがわしい情報商材自体にも法的とは限らずとも規制がかかるのは必至だと思われます。

また、配信スタンドなど、外的条件に依存したビジネスモデルは、不安因子を増加させます。

もちろん、スキルとの兼ね合いで、ツールを用いるのはご自由ですが
インターネット自体が巨大なツールである、というだけで、私たちは不安を抱えているのです。
デジタル・ストレス

独自メディアにとっては、目下、必要ないのではないでしょうか?
媒体として、どうしても必要になってからでも遅くはありません。

そんなコトより、まずは記事コンテンツの充実、達意の文に腐心すべきは言うを待たないと思います。

外的条件に依存すればするほど、不安もふくらむ。精神衛生上よろしくありません。

  
この日、私たちが集まったのは、不安ではなく、希望を選んだからです。

生活環境に不安因子を増やさない。むしろ減らしてゆくのが先決です。



posted by ボビー at 13:23 | Comment(0) | ネットビジネス覚書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。