スポンサードリンク
Top 特典|キーワードの拾い方 >MOT-もっと手づくり
2009年03月08日

MOT-もっと手づくり

 
ア モレ ヌ メ ヲ

 Do you do you ?


 
ボビーです。


 今週のキーワード。

 
ネットビジネス 2009 (9/272,000,000-yahoo)


 このブログでは、「ネットビジネス」というような特殊なビジネス形態はない。
 ただ、個人事業主や起業家(これから起業を志す人を含む)たちが、
 自分の生活や仕事の道具として、インターネットをどう活用してゆけばいいのか?を模索しています。

 そこで、ひとつの方法として独自メディアの展開という案が浮上してきたわけです。

 百年に一度とも言われる大不況のなかでも、生き残る企業や団体はここかしこに存在する。
 それは、構成員(つまり個人)がしっかりしているからです。自分づくりに余念がないからです

 先日、MOT(Management of Technology 技術経営) Platformなるモノが発足しました。

 MOTの意味は「技術に立脚する事業を行う企業・組織が、持続的発展のために、
 技術が持つ可能性を見極めて事業に結びつけ、経済的価値を創出していくマネジメント」です。

 特に異論はないのですが、「技術」の意味が狭義に過ぎるので、かえって分かりにくい。
 私たちは、自分の知れる限りの技術を駆使して生活しているのです。

 自己表現のすべては技術だと言っても過言ではありません。

 持続的発展、可能性というのは個人の持続性、可能性の集積です。
 今日、経済的価値は、市場が創出するモノであって、マネジメントできる状況にはありません。

 トレンドを知るコトが先決なのです

 経験則が通用しなくなっているのですから、
 日記なり、独自メディアを通して探るしか手がないのではありませんか?

 
 個人的には、この日本国では、デジタルな技術ではなく、アナログな技術(文章表現もそのひとつ)の方に 可能性を感じるのですが・・


 
アドセンス 英文 (9/509,000)


 独自メディアにアドセンスを導入するのは、英文サイトの方がクリック単価が高いといった、
 キャッシュポイントを作るがためだけではありません。

 多くの日本人が、ずっぽり、貨幣は円でしか考えられなくなっているからです。
 アドセンスは$(ドル)決済ですよね。

 それに、独自メディアを展開すれば、日本国中、世界中の人たちに情報を発信できる。
 あなたの理解者を世界に求めるコトが出来るのです。

 メディアとしての成否にかかわらず、市場とか、相場といった捉えどころのない
 イキモノの動きを読むスベまで体験するコトになるのですから・・・


 
理屈より 手かせ足かせ 最奥の手


 あなたも、手づくり感覚を味わってみませんか? 
黒ハート

 


タグ: MOT 技術経営
posted by ボビー at 14:14 | Comment(0) | 特典|キーワードの拾い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。