スポンサードリンク
Top 特典|キーワードの拾い方 >インターネットバカ|タイトル作成法
2009年05月03日

インターネットバカ|タイトル作成法

 
ア モレ ヌ メ ヲ

 Do you do you ?


 
ボビーです。


 あなたのブログ読者の検索ワードからキーワードを選ぶコツもつかめてきた頃だと思います。

 今度はブログのタイトル、説明文づくりですね。

 キーワードはもちろんのこと、ブログのテーマが絞られていないと、
 記事の投稿にも身が入らないし、続けれません。

 ある関心事に従って自分の脳活動は無意識に働き始めるのですから。

 関心事、あるいはテーマは、自分だけでなく、読者にも関心をひくように、
 端的な文にしておく必要があります。

 そのためには、キーワードは二語乃至三語をピックアップします。

 二語の場合の例:(インターネット,バカ)

 
インターネットはバカである。

 バカなインターネット。


 この記事のタイトルのように、二語をくっ付けてインターネットバカとやることもできますが、
 大ざっぱにその語の順序だけを考慮すれば二語なら二文、三語なら六文、四語なら二十四文、・・・
 とうなぎ上りに考えられる文の数は増えていきます。

  順列のお勉強でした。

  1!=1、2!=2、3!=6、4!=24、5!=120、・・

  
 二語の例をつづけます。

 (ビジネス,壁)

 
ビジネスの壁。

 壁がビジネス。


 (覚書,穴)

 
覚書とは穴のコト。

 穴に覚え書き。
 

 
 お手元の本のタイトルをご覧になればわかるコトですが、さすがに一語というのは稀ですね。
 たとえ一語であっても、副題がゴチャゴゴチャくっ付いているでしょっ。

 余程の専門家でもない限り、一語でビジネスは無理なんです。

 ヘロドトス『歴史』みたいにね。(くふふ)


 余談ですが、1!=1は納得ですが、なぜ0!=1なんでしょうね。

 数学が嫌になるわけです。


 
キーワードは三語セットで

 
 二語、三語でと申しましたが、初心者は三語セットで始めて下さい。

 二語だと二文、三語だと六文、四語だと二十四文、・・・となりますが、
 コトバ遊びで思考力を鍛えるためには三語でやるのが最適です。

 長年の研究から導かれた結論です。 疑うなかれ!


 三語の例:(バカ,壁,穴)

 
・バカの壁に穴はあるか?

 ・バカの穴には壁がある。

 ・壁にはバカの穴が在る。

 ・壁の穴からバカが見える。

 ・穴をも恐れぬバカの壁。

 ・穴から壁をぶっ壊せ!バカ!


 いかがですか?

 面白くなってきたでしょっ!

 0!=1が肯けてくるから不思議です。


 
憲法記念日


 憲法記念日にちなんで、本日はキーフレーズ六法をお届けいたしました。

 とても応用範囲の広い秘法です。

 無敵のブログ構築法、ネットビジネス攻略法もココからスタートします。クセにして下さい。

 
習うより慣れろ!



 
0!=1
 
黒ハート


posted by ボビー at 13:00 | Comment(0) | 特典|キーワードの拾い方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。