スポンサードリンク
Top コピーライティング|売れる文章術 >売れる文章攻略★誰か1人に向かって書く
2010年04月07日

売れる文章攻略★誰か1人に向かって書く

ブログアフィリエイトでも、独自メディア(情報起業)でも、
まず、あなたの書いた記事が読まれなければ、何も始まりません。


『新世紀ブログアフィリエイト』本編の一度目の通読を終えて、
ブログの運営に最重要なのは、「やはり、文章力なんだ」
再認識いたしました。


特に、誰かひとりに向かって、
「あなただけに話しかけているんだ」
という強い意識で書くことが重要なのです。


意識的であるコト=プロの精神

これがブログビジネスのベースになります。


『新世紀ブログアフィリエイト』でも、
1章(売れる文章攻略)を割いて、
この点に触れています。


読者は、「みなさん」や「〜〜な方」という表現を使われると、
「自分だけに対して言っている」という気持ちになれない。

必ず、「あなた」に語りかけるようにする。


「みなさん」と「あなた」、それぞれで一ヶ月、二ヶ月間のテストの結果、
その反応率には約三倍の差が生じた、といいます。


誰か一人の「あなた」とは、

・父や母

・友人、兄弟姉妹、親族、職場の同僚など
 (扱っている商材は、主に男性向けか、女性向けかなど)

・自分
 これは、このブログでもおすすめの方法です。
 自分に向かって書く。

 自分だったらどう言われたらわかりやすいと思うか
 わかりにくいと思うか
 イラッとするか
 イラッとしないか
 ウソっぽいと思うか
 ウソっぽくないと思うか
 欲しいと思うか
 欲しいと思わないか  など

ちゃんと文章を読み返して、お客さまを不快にさせる表現はないか、
意図的な使用のほかには、極力、使わないようにします。

コピーライティングの原則でもあります。


文(sentence)とはもともと、裁判の判決文に由来しているのですから、
もうちょっと注意深くなってもいいかな・・・

と、自戒をこめて、

『新世紀ブログアフィリエイト』を通読しての感想でした。
ボビー
 





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。