スポンサードリンク
Top コピーライティング|売れる文章術 >売れる文章攻略★言い切り型の文章で説得力を出す
2010年05月02日

売れる文章攻略★言い切り型の文章で説得力を出す


言い切り型の文とは、
代表的には、「〜〜です。」「〜〜ます。」「〜〜ました。」で
終わる文のコトです。

これは、独自メディアにとっては決定的な文の骨格を作ります。
自分には、すでに分かっている情報を読者に伝えるのですから、

「〜〜でしょう。」とか「〜〜と思います。」などの文は、
多用しないよう注意して下さい。

説得力が違います。

ネットビジネス、インターネットの世界では、
情報収集能力に長けている人が成功すると言われます。

あるテーマについて、十分なリサーチをした人の提供する情報は、
自信に満ちています。

説得力が違うんです。

余計な煽動的文句の入る余地もなく、読まれます。


情報商材アフィリエイト、とくに稼ぐ系のアフィリエイトの場合、
その実績がモノを言うのは、以上のような理由にもとづいているのです。

再現性というやつですね。

悩み解決系の教材をアフィリエイトする場合でも、
アフィリエイトしている人が、その成否にかかわらず、
テキストに添って実践した結果が記されている方が
読者の理解は得やすい。

「〜〜になりました。」と・・・

より効率的にできそうなノウハウや、
うまくいかなかった部分の改良点などまで
提供できれば、鬼に金棒でしょう。


私は、ネットビジネスをブログビジネスから始めることにし
ました。

何故なら、情報起業をはじめ、アドセンス、アフィリエイトなど、
インターネットを用いたビジネスモデルを、すべて体験できるから
です。

ブログビジネスの試行錯誤のなかから、
新しいビジネスモデル発見の方法をお伝えしてまいり
ます。


いかがですか?

説得力、抜群でしょっ! 
ボビー



この記事へのコメント
特によけて、とても明るい左図のはまねて、色はすでにとても良いが、とても接近して、A売り手の吹聴する本物の青の金の銅の色を超えたしかしやはり(それとも)明るすぎますいくらか。右図の少し黒いのは本当だです。有り得る写真の光線の関係、ブランドスーパーコピー実物そんなに重くない艶消しの感覚やはり(それとも)あります必ず明るさの、最大の違いある上のLV字形、本物比較的立体だ、しかも、整然としている、スーパーコピーへり比較する角別れる、まねる品物比較的明るい以外、LV浮き彫りの出てくる感覚あまりにも如才がない、あまり明らかでない。スーパーコピー
Posted by スーパーコピー at 2014年02月26日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。