スポンサードリンク
Top ネットビジネス覚書 >気軽に始めよう!ネットビジネス
2008年03月29日

気軽に始めよう!ネットビジネス

 ネットビジネスといっても、リアルビジネスとその基本に大きな差異がないコトは、
これまでの説明でお分かり頂けたと思います。

 そこで売買されるのはマネー(為替)と情報なのです。
視聴覚に特化された情報の交換と、マネー、すなわち、資本の流動のために必要な道具だというコトです。
社会的に価値ありと認められた情報が資産であり、
その変化を促すのが資本であるコトに変わりはありません。

 ビジネスの道具として、いち早く、それを日本に導入し、普及させた人たちが、
今日言われている、ビジネスの成功者なわけです。


 そういった基本的背景を何となくとでも理解した上で、個人が稼ぐ、
つまり、仕事の道具にするためには、何が必要なのでしょうか?

 ご他聞にもれず、私も、いわゆる稼ぐ系の情報商材や無料レポート、
ビジネスや投資に関する書籍に目を通してきましたが、
高価で優良と思える商材でも、パソコンやインターネットの素人では、やはり敷居が高い。
多分、続かないだろう、という印象です。

 パソコン初心者、ネットビジネス初級者が陥りやすいわな(net)が、
そこには巧妙に仕掛けられているのです。

 どういうことかと申しますと、
例えばブログやメルマガ、ステップメールといった類の手法によるアフィリエイト(広告、宣伝)。

 読者もご存知のアレです。すべてと言っていいほど、英語由来のビジネスモデル、
セールストークでかためられているのです。ウンザリするほど。

アホらしくて読んでられません。憑かれたように、ツンノメリ調子です。
本人はこれぞビジネスだと言わんばかりですが、いったい著者の生活はどうなってんだろうと、
こちらが心配になってくるほどです。

 


 そこで、もう一度、基本にかえって、自己投資をすすめているわけです。

 どういうことかと申しますと、英語由来のビジネスモデルでは、この国をダメにする。
日本だけではありません。世界中を自らの欲望の実現への奉仕者だとでも思ってきた、
奢りの資本主義は通用しなくなっているのです。

 ネットビジネスにおける救いとはなにか
私たちがブログやホームページで記述する記事をおいて他にありません。
英語で作られた器械、英語で作られたビジネスモデル。
残されているのは、仕方ないけど、横書せざるを得ない日本語による記事しかないではありませんか。

 『寄らしめよ、知らしむべからず』の国と、『俺が一番、知らしめてやれ』の国が和解できるとすれば、
インターネット上の個々人の記事をおいて他にないのでは?

 以上、アフィリエイトやパソコン技能以前に、もっと本音を伝えるために、
ブログを利用し始めてはどうか?
必ず、共感してくれる人はいます。
アクセスアップだの、SEO対策だの二の次、
あなたのメッセージに価値を見出してくれるヒトは必ずいるはずです。


 稼ぐために構えないこと、アフィリエイトは所詮広告、等身大の日々の想いを綴るコトから始めましょう。

 
ボビー



 


posted by ボビー at 18:48 | Comment(0) | ネットビジネス覚書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。