スポンサードリンク
TOP> 独自メディアの展開
2008年11月09日

読者数が五倍になる|検索需要

起業の必然性について申し添えておきます。

ひとりひとりが、独自メディアを開設せねばならなくなっている事情とは、まず、何と言っても、
私たちが今日置かれている経済事情。生活設計が成り立たなくなっている。しかも、
政府や企業の策が、個々人の福祉の向上につながる可能性はとても乏しい、という点があげられます。

もう一点、どちらが後か先かわかりませんが、精神的な力の衰退です。気力の涵養というべきか?
自分を作る営みを怠ってきたと言うべきか?

独自メディアが担っている課題は、多岐に渡っているのです。はじめは、タダの日記だったしても、
テーマがおぼろげだったとしても、掘り下げよ!とんがれ!つっぱるな!を旨とし、達意の文を目標に記事投稿を重ねているうちに、
自ずから、ネットビジネスにおける自分の向き不向きが分かってくるだけではなく、
新たに、本当は、自分が何をしたかったのかが発見できるかも知れないのです。

そういう意味で、独自メディアの開設は私たちにとって必然性を持っている。
その上、テスト・マーケティングにもなっている。

キーワード選定をはじめ、SEO対策などしなくても、読者の方からキーワードを与えて下さるのです
こちらから選ぶのではなく、あなたが、キーワードから選ばれるのです。

独自メディアを放棄する愚がお分かりいただけたでしょうか?
統計処理の効かない無敵のマーケティングとの謂いです。

さらに、「アドセンスの仕組みぐらいは理解しておいた方がいい」というのは、
ネット上の訪問者は、検索エンジン経由である場合がほとんどだからです。

また、ネット上の記事投稿は、白紙に絵や文字を書くのと違って、自由ではない。
ある書式、あるいは文法(SEOなら検索エンジンのアルゴリズム)の変化に従わざるを得ないからです。

何も、アドセンサーになることを薦めているわけではありませんので誤解なさらぬよう。

たまたま、独自メディアのテーマがヒットして、アドセンス収益が上がったとしても、
文字どおりタマタマであるコトをお忘れなく。

あくまで、独自メディアは、ご自分の生活の一部、自己発見、生活の文体:ライフスタイルをつくる過程だと心得て、
続けていただきたいと思います。


 
検索需要のあるキーワードが拾えれば読者数は五倍になる

ボビー


タグ: 文体
posted by ボビー at 00:18 | Comment(0) | 独自メディアの展開
2008年11月20日

たな卸しからテーマを決める|テーマを絞る

 
あなたのたな卸しからテーマを選定する




あちこちで紹介されているので、すでにご存知の方も多いと思いますが、田中千瑞禾さんという、
千のWEB工房アフィリエイト教室を主宰している方の著書『寝ている間に全自動で月8万円儲けるしくみ』
という本を紹介します。

独自メディアを開設し、アドセンスを横目に見ながら、自己表現を模索している私のようなオジチャンにも
無理のないアフィリエイト入門書です。

将来のスキルアップにも役立つ情報も満載です。

パソコン、ネットビジネス初心者にはうってつけだと思います。
私もこの基本線に沿って独自メディアを展開しようと考えています。

インターネットとブログの全体像がハッキリしてくるのが、とてもあり難いです。
このブログは、精神面が主となりますので、スキル面の基礎が出来ていない方に一読をお勧めします。


その第3章:01節 あなたのたな卸しからテーマを選定する に掲げられている10の問いに対する私の答えを記して、自己紹介の補足にしたいと思います。

 ・趣味はなんですか?   音楽。

 ・こだわっていることはなんですか?   愛。

 ・書店、図書館、雑誌などで最初に目がいくテーマは?   表現力向上のヒントになるモノ。

 ・家族とどのように過ごしたいですか?   活かしあうコト。
 (独自メディアの相互リンクが家族です。)

 ・徹夜でできることはなんですか?   よく眠るコトです。夢の中でアイデアは生まれます。

 ・感謝されたことはなんですか?   ありません。
  (憎まれっ子、世に憚っています。)

 ・職場で頼まれることはなんですか?   無為。
  (何も言うな、何もするなと言われています。)

 ・職歴は?   カウンセラー、メディアポリス。
 (このサイトをメタ・メディアと呼ぶ所以です。)

 ・習っていたことはなんですか?   ピアノ、書道、茶道、などなど。
(何一つ身に付いていません。なぞなぞです。)

 ・悪習を絶った経験はありますか?   あります。禅道場で断食もしました。
(結果、煩悩の激しさに身を滅ぼしました。生きているコトが悪習ではないかと思えるほどに。)


以上が私のプロフィールです。これだけ虐められれば、ブログのテーマなんてすぐ見つかります。
テーマに困っている方は回答してみてください。

スキルに不安のある方は、一読の価値はあります。
今後の記事も、スキルに関してはこの本の内容を前提にしたいと思います。
ボビー



 
 
posted by ボビー at 19:54 | Comment(0) | 独自メディアの展開
2008年11月25日

独自メディアの意義(6)|グローバル人材になる

 
Do you do you?


独自メディアを開設、運営することによって、自らをグローバル人材に仕立て上げるとか、
グローバル人材に鍛え上げるとか言ってきましたが、
これは、メディア・ポリスとしての私個人の危機感から出た言葉であって、
読者まで悲壮感を持っていただく必要はありません。

ただ、経済のグローバル化に伴う競争は日に日に激しさを増すばかり。
いずれ、わが国民生活にもその影響は必至だと思われます。

個人のグローバル化とは、必ずしも英語が出来るとか、外国語を操れるとかいうのではなく、
英語国民をはじめ、諸国民の世界に対するモノの感じ方、考え方を知り、
自分の言葉でする表現がどれだけ諸国民に伝わるか?という問題なのです。


はじめは、日常の喜怒哀楽を赤裸々に綴るタダの日記だとしても、それが人に伝わる。
つまり、共感者が得られるほどに、あなたのブログは世界とつながるわけです。
より普遍性を帯びてくる。タダモノではなくなってくるのです。

いまや、道具としての日本語なら、日本人以上に使える外国人はいくらでもいる。
英語や諸言語を使えたにこしたコトはありませんが、必ずしも必要不可欠というわけでもありません。
要は、世界に対して表現できたかどうか?メッセージを残せたかどうか?ということです。

日本人としての誇りを失わない、日本流の表現力を取り戻す作業なのです。

いずれにしろ、媒体がブログであれ、メルマガであれ、記事投稿を重ねずに、
表現する悦びもご自分の成長も味わうコトはできません。

私も、このメタ・メディアを始めて、はや八ヶ月。自分のためにもよかったと思っています。
ウィスキーの瓶を、まだ半分も残したままパソコン画面に投げつけたり、
年甲斐もなく、癇癪を起こしたりはしなくなりました。読者の温情の賜物だと感謝しています。

グローバル人材になる


 
独自メディアの意義、第六弾でした。
posted by ボビー at 12:11 | Comment(0) | 独自メディアの展開
2009年02月17日

売り手=作り手=買い手|三位一体の商品開発

これまで述べてきたコトからお分かりいただけたと思いますが、いわゆるネットビジネスには実体がない。
リアルとの結びつきを保証してくれているのは、その視聴覚に特化された表現だけなのです。

メディアと言えば、すぐに新聞、雑誌、本、テレビ、ラジオ、インターネット・・・など
外的手段を想起する方がほとんどでしょうが、
実は、最も確実なメディアは自分自身であるコトを忘れている。

真実を伝えるのがとても困難に思えるのは、職業人、あるいは社会的役回り以前に、
自分が生活者であり、メディアであるという事実を見なくて済むほど、
モノに溢れ、便利な世の中になっているからです。

つまり、自己表現(社会批評、技術の伝達)が出来ない。
実生活上のコミュニケーションのとり方がヘタクソになっているからなのです。

独自メディアの展開には、まだまだ語りつくせない意義があるのですが、
まずは自分を取り戻すコト。自分らしいライフスタイルを作っていくコトにあるのではないでしょうか?


ネットビジネスという特殊なビジネス形態があるのではなく、
リアルなビジネスの延長上にネットを活用する立場の方がずっと自然に思えるのは私だけでしょうか?


昨晩のWBS(TV12チャンネル)に久々、出演された7&Yの鈴木敏文さんは、
この不況風の中で伸びるのは、「売り手、作り手、買い手、三位一体の商品開発が出来る企業」だ、と仰っていました。

傾聴に値します。

人の生活というのは、売り手、作り手、買い手などと分けられるモノではなく、まさに三位一体なのです。

業種分類(カテゴリー)が幅を効かしてきたから、生活の真実が見えてこないだけなのです。 
消費社会の最前線におられる氏ならではのヨミだ、と賛意を表しておきます。


いいですかっ!独自メディアはまさに三位一体です。

まず、自分が作ります。次に、ブログにアップし(売り)ます。それから、その反響を読み(買い)ます。

止められないでしょっ!

 
プロのビジネスパーソンは、プロのブロガーです。

 プロのブロガーでなければ、プロの仕事人とは申せません。

 人に自分を伝えられないのですから。


 
ボビー
posted by ボビー at 21:08 | Comment(0) | 独自メディアの展開
2009年03月12日

日記ブログの効能|初心に帰る場所

ウザイほど申し上げてきましたが、このブログの主旨は「自分が自分で自分する」、
社会的には、私たちは起業するしか手がない状況に置かれている、ということです。

そのために、インターネットというメディアをどう活用すればよいのか、
を読者とともに考え、私なりの試行錯誤と気づきをお伝えしているわけです。

自分の初心に帰る道具として、PCを用いるコトはとても意義あるコトだと思います。
それも、稼ぎなど考えずに始められる日記ブログにおいて。

このブログは、一にも二にも、自分らしく生きたい、自分の可能性を試してみたい、と望む人、
初心に帰って、自分を生きてみたい、つまり、マジの初心者のために綴られています。


タダの日記ブログから始めていただきたい理由は、以上のような理由からです。
ホントウは、自分はどんな自分に成りたかったのか?今日、自分探しは
人に読んでもらえる日記から始めるしかないと考えるからです。

独自メディアといっても、記事を書いた経験の乏しい方には、
基本は人に読んでもらえる日記から始めていただくしかないのではありませんか?

稼ぐためだけに、ブログや、メルマガや、他のメディア(媒体)を利用しようとしているのではないのです。

ネットのスキルというのは、独自メデイア、あるいは、起業の段階に達してから
必要になるのであって、タダの日記レベルで、必ずしも必要ではありません。


アフィリエーターとして活躍されているケースケさんが、日記系ブログの効用について述べておられます。

稼ぐという目的(効用)のためにも、
人に読んでもらう日記(自分を取り戻す、初心に帰る場所)としての効能も併せ持っているのです。

ケースケさんの指摘するアフィリエイト上の効用に、
私なりの効能書を加えておきます。

日記ブログがあなたの常備薬となりますように・・・

 1.記事がつくりやすい。

  日々の感想を綴るのですから。肩肘張らずに、肩の力を抜いて、
  型にはまっている、あるいは、はめられている自分を解放できます。

 2.キーワードをたくさん盛り込める(ロングテール)。

  タダの日記ですから、キーワードなど意識しません。
  キーワード選定法については、毎日曜日の特典をご覧ください。

 3.実験・計測に使いやすい。

  無意識のうちに、マーケティングをやっているのです。

 4.手持ちのサイトへのリンク。

  日記ブログでキーワードが拾えるようになってから、
  独自メディア(手持ちのサイト)を起ち上げるのです。

 5.検索エンジンからのアクセスが多い。

  検索エンジンからアクセスの多いテーマで、別にブログを作るのですから、当然です。

 6.旬なキーワードに、すぐに対応できる。

  これは、日記ブログでも、独自メディアにおいても大きな効用です。

 7.量産させやすい。

  これは、人によります。記事を書く コトの経験、好き嫌い、・・・
  色々な体験や個性によって、量産が向いているのかどうか?ご自分で判断するしかないと思います。

  PC初心者が起業をはかり、達意の文を目標に記事投稿を重ねていく場合、
  たぶん量産は無理だと思われます。アフィリエーター向きの方にとっては、そうかも知れませんが・・・


あくまで、日記ブログは自分らしさ、自分のライフスタイルを作るためにある。
初心に帰る場所として用いるのが本道だと思います。
 
ボビー
posted by ボビー at 20:02 | Comment(0) | 独自メディアの展開
2009年04月03日

自分の流儀が道を開く。

これまで、このブログをお読みくださった方にはご理解いただけていると思いますが、
私がネット上で目標としてきたのは、自己表現の訓練を兼ねて、まずブログのスキル、
コミュニケーション能力の向上をはかるコトです。

つまり、PC初心者が、ネットを自分の生活用品、仕事道具にできるかどうかが、
その後のビジネス展開の成否を分けると判断するに至ったからです。

ブログで達意の文が書けるようになる。
(数的には、日記系ブログで100PV/日を超えてくるのが目安)。
そのトキには、すでに、読者があなたに求めている情報もつかめているはずです。

しかもご自分の文体、もしくは、ライフスタイルのあり方にも自信が持てるようになっている。
いちおう、独自メディアとしても、ぶれない軸が定まってくるわけです。

ネットビジネスの一分野に独自メディアを追加したい、との提案です。
と言うのも、たぶん日本に限らないと思いますが、十把一絡げの政治・経済のあり方の中では、
肝心の自己表現力(個性、免疫力、生きる力と言ってもいいですが)は衰退の一途を辿っている。

多くのブログやメルマガを読んでいて、少し辟易してきたという理由もありますが、
すでにネット起業されている方にも、今後アフィリエイトや情報起業など始めようとされる方にも、
ちょっと立ち止まってご自分のビジネスプランを見直していただきたい、と思います。

あなたのビジネスの軸は定まっていますか?

独自メディアは、情報起業とともに起業の一形態です。

 十人十色の時代に不可欠のメディアです。

あなたのブログを倦まず弛まず育てていってください。
自分の流儀が作れたトキ、
それ(独自メディア)は読者の必需品になっているはずです。
どのような道に進もうと、ご自分の判断で、その時々の手段・方法は得られます。
ノウハウやツールは必要に応じて取捨選択すべきモノだと心得てください。

 
残されている時間は多くありません


 
ボビー 
タグ: 自分の流儀
posted by ボビー at 18:56 | Comment(0) | 独自メディアの展開
2009年04月26日

コンテンツ作りはいのち懸け

 
 このブログの読者には、先日ご紹介した和佐さんの無料オファーに述べられている
 情報市場のパラダイム・シフトについては、再三、注意を促していますので、
 何か、新規のネタが手に入るというわけでもありません。

 むしろ、私が受け止めて頂きたかったのは、
 和佐さんのインフォプレナーとしての情熱・志向のあり方です。

 広い意味で起業を考えている方は、彼の公式メルマガには登録して、仲良くしてもらうのが得策ですよ。(くふふ)

 特に中高年の方には、彼の声に接して、青年の気概を取り戻して欲しいと思います。

 

 私は、彼のピンチをチャンスに変える精神のバネの力には信頼を置いています。
 愛のやさしさではなく、今日、急速に失われていくかに見える、愛の厳しさを深く理解されている方だ、
 と評価しています。

 多くの人が情報洪水に飲み込まれ、自分の人生を見失いそうになっている状況の中で、
 情報=資産(こんなコトは欧米では常識です)とハッキリ見極め、
 その価値を高めようと努力されているからです。

 
 独自メディアは、そのコンテンツがいのちです。資産なのです。

 コトバをモノとして扱えるように。

 ブログをコミュニケーション・ツールとして使えるようになるまでは、
 いつまでも日記ブログの域を出るコトはないでしょう。

 あなたのコトも人には理解してもらえないと思います。

 まして、稼げるわけがありません。

 ビジネスは真剣勝負です。武士道たら、何たら、こいてたって稼げますか?

 武士道の前には武道が、武道の前には武術があったのです。

 ネットビジネスだって同じことです。

 
ボビー

 

 

 
posted by ボビー at 19:11 | Comment(0) | 独自メディアの展開


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。